パラベンフリーとは?

パラベンフリーの前にパラベンとは防腐剤のことです。
ですので、『パラベンフリー=防腐剤不要』という意味になります。

元々化粧品には防腐剤がふくまれているので、開封後も腐らずに使用ができています。化粧水や乳液などの化粧品類には栄養成分がたっぷりと含まれています。

また、化粧水は直接手のひらに触れるタイプのキャップの種類があります。手にはばい菌や雑菌がたくさん付いているので手が触れて化粧水に混じった際に酸化させてしまうのを守るために使用されています。


パラベンフリーのメリットとデメリットは?

パラベンフリーによるメリットとデメリットはどんなものがあるのでしょうか?

パラベンフリーのメリット

  • アレルギーなどを起こしにくい

パラベンフリーのデメリット

  • 酸化(腐敗)が早い

パラベンフリーは防腐剤が入っていないためアレルギーなどは起こしにくいと言われていますが、その反面、防腐剤が入っていないので早く腐りやすくなります。

パラベンフリーの化粧品を使用する場合は早く使い切るようにしましょう。雑菌が繁殖している化粧水をつけたら・・・・逆に肌が荒れてしまいますよね・・・恐

パラベンの化粧品表示名は?

パラベンの化粧品表示名は何

パラベンは化粧品で使用される場合の表記はどんな表記名なのでしょうか?
また他の防腐剤の種類はどのようなものがあるのでしょうか?


パラベンの化粧品表示名

  • パラオキシン安息香酸エステル類 (=パラベン類と呼ばれる)

そのほかの防腐剤の種類

  • フェノキシエタノール
  • 安息香料NA
  • デヒドロ酢酸Na
  • ヒノキチオール


フェノキシエタノールは防腐剤として有名な成分です。フェノキシエタノールも緑茶などにも含まれる天然成分です。

パラベンに変わる防腐剤として最近では使用されている場合が多く殺菌作用はパラベンよりは少し弱いと言われています。


パラベンフリーだと安全?

パラベンフリーは安全

パラベンフリーは安全という声をしばしば聞きます。ですが、逆にパラベンフリーは危険との声も聞いたりします。

結局どっちが正しいんでしょうか…

パラベン自体は殺菌力が強いため配合すると化粧品の腐敗を防ぐ役割があります。

また、化粧品自体には1%未満という使用量が定められているので、使用量自体はとても少ない成分ですので、問題なく使用出来る範囲です。

稀にパラベンで肌が荒れてしまう人もいるのでその方はパラベンではない防腐剤が使用されている化粧水などを使用するようにしましょう。

パラベンが入っているのが絶対に良いわけではないですし、パラベンフリーなのも逆に肌トラブルを引き起こす場合もあります。

どの成分で荒れているか分からないので、色々な種類の防腐剤の化粧水を試してみると自分にあった化粧水にを見つけることができます。