この週末は暑く、日中はまだ半袖でも十分な暑さでしたが、週を明けてようやくグッと涼しく秋らしい気候になりましたね。

いよいよ本格的に乾燥が気になる季節になりますが、乾燥の準備は大丈夫ですか?

秋は目元の小じわやほうれい線がより出やすい

秋になると夏のダメージ・疲れが出やすく、肌も乾燥しやすくなります。

特に、乾燥すると目元の小じわやほうれい線は出やすくなるので要注意。

秋の小じわには、高保湿のアイクリームなどで特別ケアを行いましょう。

アイクリームの種類

アイクリームといっても、悩みにより良いとされる成分も異なります。

悩みとしては、目のたるみ、目元の乾燥、クマ対策などがあげられます。

それぞれに有効とされている成分はこちら。

目元たるみレチノール、ペプチド、ナイアシン、エラスチン
乾燥セラミド(特にヒト型セラミド)、ヒアルロン酸、レチノール、コラーゲン、ビタミンC誘導体、
クマ・青クマ(血行不良):ビタミンC、カモミラエキス、ビタミンE、プラセンタ、ビタミンP
・茶クマ(色素沈着):ビタミンC誘導体、プラセンタ、アルブチン
・黒クマ(老化):コラーゲン、レチノール、ナイアシン、プラセンタ、エラスチン、ヒアルロン酸、

アイクリームの使う順番

アイクリームを塗る順番は、一般的に、

化粧水 → 美容液 → 乳液 → アイクリーム (→ クリーム)

の順番とされています。若い世代でまだクリームが必要ない場合は、最後はアイクリームで終わる手順でOKです。

アイクリームは目元に塗る前に、一度指先で温めてから塗りましょう。温めることでより肌に馴染みやすくなります。

目元の何カ所かに点置きし、目尻から目元に向けて馴染ませましょう。

目元で女性の印象はガラっと変わります。秋の乾燥にも負けないふっくら目元づくりはじめませんか?

秋の肌ケアは拭き取り化粧水で角質たまりをスッキリと

化粧水のなじみが悪く感じた時は、肌に角がたまっているかもしれません。拭き取り化粧水は角質を取るのに最適なアイテム。

たまった角質をとりのぞき化粧水のなじみもUP!ふっくらとした肌へ導きます。

丁寧な乾燥ケアで乾燥しらずの秋を過ごしましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

拭き取り化粧水ancielでなめらかなつるつる肌へ

〜ハーブとフルーツのちからで角質スッキリ〜

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・